<< 初の散髪ビフォーアフター | main | おかっぱなーさん >>
タイツ ーーーー→ リメイク ーーーー→ レッグウォーマー

 

なーさんのヘアカット正面写真は、また後ほど(まだちゃんと撮ってない・・・)。
ひとまず別の話題を。

なーさんのレッグウォーマーを、ちいさくなったタイツを利用して手作りしてみました。
ジーンズのスカートやキュロットと合わせるとかわいいよ(^-^)

なんでこれを作ったかというと。おむつ替えを楽にするため。
まあ、いまさらといえばいまさらですが・・・。


いままで、ふだん着はほとんどズボン(通園やリハビリがしょっちゅうですから)
であったなーさんは、
レッグウォーマーってほとんど履いたことがなかったのですが。

なーさんが短下肢装具(SLB)をつけて過ごす生活になってからというもの、
おむつ替えが、俄然面倒になってしまったのです。

なぜなら、SLBで約90度に固定されたままの足と足首を、ズボンの裾に通すのは、
結構面倒だし、下手すると通らない。
どうしようもないときは、

SLBを脱がす→ズボン脱がす→おむつ替える→ズボンはかす→SLBつける

・・・いやー、めんどい〜


世の中のSLB+おむつの子のママたちは、おむつ替え、どうしてるのでしょうか。
こんなことくらいで面倒くさがるものぐさ母はわたしくらいのもんなのでしょうか。


でもとにかくわたしは面倒だ。ものぐさな母親でごめんよなーさん。



で、今後、SLBをはいたままおむつ替えができるスタイルを考えたのです↓





・・・こんな感じかと。
ようするに、足首部分をらくらく通過させられる、末広がりのボトムにして、
足が寒いようならレッグウォーマーを活用しようかと思うのです。

そうなると、ふんわりパンツ・ベルボトム・ガウチョパンツは買うか縫うかするとして。
いままでお出かけ用にだけ使っていたスカート&キュロットも、
今後もっと積極的に通園やリハビリ時にもはかせようかと。
そうなると、特に冬、必要になってくるのが、レッグウォーマー。

しかし、買うと結構高いのと、市販のものはほとんど95cmくらいまでのベビー用で、
110とか120cmくらいのキッズサイズがあまりなくて、
見つけたものは、妙にポップすぎたり地味すぎたり・・・な感じだったのです。

だもので、これも作っちゃえと思ったわけです。

作り方は後半に。




さて。
超お気に入りだった2歳サイズのタイツをリメイクすることに。
長さがもうアウトなんだけど、幅は筋肉少なく足細ななーさんにはまだまだいけるので。

図のように、ざくざくカットして・・・



こんな感じで、靴下部分をふくらはぎあたりで止めるリブ(履き口)として活用し、
ぬいあわせて。

もとのタイツのパンツ部分だったところも、ウエストのゴム部分を活用しながら
ふともも部分で止めるリブとして活用し、縫い合わせて。

で、できあがり。お昼寝のあいだにできちゃうお手軽ちくちく。
もういちど出来上がり画像を。




もうちょっと寒くなったら、量産してはかせてみまっす。
組み合わせ次第でおしゃれの幅がまた増やせそう〜。

| 障害に関連した日用品・衣類 | 2009.09.22 Tuesday |
about us

**ただいまコメントはおやすみ中です**

★ なーさんの装具やリハグッズなどは
http://goods.sunnyhoneyday.com
★ ハンドメイドの服や小物は
http://clothes.sunnyhoneyday.com/




(C)2008-2010 emiko
文章や画像の無断転載は固くお断りします

Search this site.
categories
archives
bookmarks
recommend
FunFunキーボードDX NEW
FunFunキーボードDX NEW (JUGEMレビュー »)

キーが大きく押しやすく、軽いキータッチでひけるし、ひとつのキーを押すだけでいろんな曲がかかるデモモードもあるので、指の力が弱いなーさんでもかなり楽しめます。
recommend
くまのプーさん ストローマグW
くまのプーさん ストローマグW (JUGEMレビュー »)

2008年夏、3歳半ころから、ストローで水分をとることができるようになってくれました。外出時にいちいちトロミドリンクを小分けして持ち歩かずにすむようになり、とてもラクです。ブリックパックはそのまま添付のストローで飲ませますが、レストランで頼んだジュースはグラスで出てきてこぼしそうなので、こちらに移し替えて飲ませます。ぐびぐびいきます。