<< やっと解熱したけど・・・・ | main | 心の就学準備。 >>
装具診&福祉車両を見に行ってきた



ショールーム内の撮影はご自由にどうぞ〜と言っていただき
撮影してきましたー。
ちなみに写真の車種はヴェルファイアです。
ヴォクシーはもうちょいコンパクト。

なーさんの風邪は、おかげさまでほとんど回復しました。
まだすこし痰の残りがあってそれを出そうとするのか、たまーに咳がでますが、
炎症との戦いは終わってて、後始末の段階ってかんじ。

風邪のあと、気道の粘液の分泌の状態が元に戻るには最低でも一週間はかかるんですって。
だからまああと数日はたまに最後のゴロゴロが出るかもしれませんが、
もりもりごはんを食べて機嫌は絶好調ななーさんなので、大丈夫でしょう。

ご心配いただいた方ありがとうございました<(_ _)>


さて、昨日は療育センターはキリよく来週から復帰ということでおやすみしておきましたが、
個人的に病院に短時間行く程度は大丈夫、ということで、
午後、装具診のためにいつもの障害児専門病院へ。
SLB(短下肢装具)がきつくなっちゃったのを作り替えるのと、
SRCウォーカー(歩行器)の新規制作の相談です。

SRCウォーカーは、療育センター内で移動時に使用するものです
この記事の写真みたいなかんじのもの)。
いままで療育センターの備品(誰か先輩のおさがり)を使わせてもらっていましたが、
なーさんの背が高くなり、備品ではサイズがあわなくなってしまったので、
自分専用のを作ることになったのです。

なーさん、背は高いのですが胴が細いので、
SRCのフレームはLサイズにするけれど、胴まわりのカップはSサイズに変更。
サドルのかたちも、前傾姿勢でキックしていってもお尻がうしろにずれずに安定するよう
やや長くはねあがる感じに、業者さんに改造してもらう予定です。

小学校にあがったら小学校に持っていくことになります。
というわけで、これも就学準備品のひとつなのです。
かわいい色にしたいなー。

病院の帰り際に、とーーーっても美人でおしゃれ!!!なママに
「もしかしてなーさんですか?」って声をかけてもらっちゃって
大照れにテレまくったなーさんとわたし。
美人に声をかけられるとアガるタイプなのよぅ、どきどきしちゃったー。
Yちゃんのママ、ありがとうございました☆
Yちゃんもおしゃれなお洋服着ててとってもかわいかったなぁぁ。
家もそんなに遠くなさそうということで、そのうち御苑や伊勢丹でお散歩でも!?(^-^)/


さて、そして今日は、なーさん父も一緒に午後からちょっと外出。
福祉車両を見にいったのです。

福祉車両についてはご興味のあるかたはつづきもどうぞ〜



以前この記事にもちょっと書いたのですが、あれからもいろいろ考えて、
そして車椅子にもいくつか試乗したりPTの先生とも話してみた結果。


なーさん家は車と車椅子について、以下のような流れで、もう枠組みは決定しちゃった感じ。


○わたしの腰が悪いので、もう無理せず、なーさんの乗せおろしの手間はなるべく省こう
 =カーシートから車椅子への乗せおろしという負担はやめよう
 =スロープタイプの福祉車両を購入しよう

○スロープタイプの福祉車両を買うなら、なーさんはずっと車椅子に乗ったままの状態で車に乗ることになる
 =車が揺れても、旅行などで長時間乗っても、なるべくくたびれない車椅子にしよう
 =ちゃんとティルト&リクライニングできる介助型車椅子にしよう


 というわけです。


車椅子選びは、車の選択や母親の状態と密接にかかわってくるわけで。

わたしが腰痛持ちでなければ・・・

たぶん、車は運転しやすく小回りのきく、ちいさいカワイイ車にして、
車椅子は、その車に乗せられるコンパクトな折りたたみの自走式車椅子でがんばって、
なーさんのカーライフは、快適カーシートを購入して、

・・・っていう選択になっていたと思うんですけれどね。

ちょっと腰の悪さには自信があるwわたしなので・・・

どのみち数年後には福祉車両を検討することになるはずなんだから、
ちょっと早いけどもう福祉車両にしちゃって、
なーさんの車椅子もなるべく二次障害を万全に防げるタイプにしようと決めたのです。


そんなわけで、前置きがながーくなりましたが、
いってまいりました、トヨタハートフルプラザ東京
ここにはトヨタのウェルキャブ(トヨタ製の福祉車両のことをウェルキャブといいます)が
常時展示してあり、実際の動作などをためすことができます。




冒頭の写真が、スロープを出して乗り込ませる状態を撮った写真。
上の写真は、なーさんが乗り込んで車椅子を固定する位置。

ノア・ヴォクシー以上の大きさのウェルキャブでは、スロープはリモコン電動操作でひらきます。
また、ノア・ヴォクシー以上の車なら、車高が高いので、
ティルト式の介助用車椅子でも、運転席のすぐ後ろ、二列目に固定できるため、
いざというときは路肩に止めて運転席からすぐ介助ができで安心です。

これがもう少し小回りのきく車(ラクティス・シエンタ)では、
スロープは手動でおろす=腰痛持ちには辛い・・・のと、
ティルト式の介助用車椅子だとどうしても車椅子の座高がたかくなるため
運転席のすぐ後ろに固定できず、
最後列のリアハッチに接するような位置にしか固定できなかったり、
運転席の後ろに固定できても、運転席と車椅子とのあいだに
跳ね上げた二列目座席の座面が壁のようにそそりたって、
手がこどもにとどかず、いちいち降車してスライドドアを開けないと子供の世話ができない・・・
あと、三人で乗るときにも、車幅の関係で、介助者が車椅子の横に座れるようにできない・・・
などの弱点があり、なーさん家の福祉車両のニーズには合いにくいみたい。

そんなわけで、もうほぼヴォクシーに決定
(販売店の利便性とかいろいろで、ノアじゃなくヴォクシーっぽい)。

あとは、もし新車購入にするなら、エコカー補助金対象が9月30日まで。
それまでに完成とさせるとすると・・・最短で2ヶ月はかかるらしいので・・・・

ええ!!もうほとんどタイムリミットじゃん????


さーてどうするか。


ちなみに、福祉車両に車椅子を固定するための固定器具は、
車椅子にあわせていちいち採寸してフルカスタムオーダーするなんてことはなく、
もう基本的に取り付け位置と取り付けパーツは決まっているし、
車椅子メーカーもそれにあわせて福祉車両への固定用フレームを作ってくれるそうです。
だから、車椅子を厳密に決めてなくても、福祉車両を先に買っちゃって、
「もう買っちゃったんだからそれに合わせて車椅子作ってちょうだいなー」
ってのもアリ、みたい。


減税とか減額とかって響きに弱いのよねーw
中古と思ってるけど新車のほうが長く乗れるしいろいろと安心だし、
あとで下取りしてもらうときに価値が高いだろうしなあwww

というわけで、今晩は家族財政会議です。
民主党よりよっぽど真剣で厳しい仕分けするわよ!!!w



追記

ハートフルプラザで、すっごくいいもの見つけた!!

 

コレ良くない???こどもの車椅子用のレインカバー!!!
「車椅子になったら、レインカバーは雨がっぱ形式で」って聞いてたんだけど、
これはいいわー。

福岡のほうの療育施設のママさんたちと、福岡のハートフルプラザの方達が
共同開発したものだそうで。
お値段、27000円から・・・(セミオーダーシステム)となかなかいいお値段ですが・・・
いいわぁ。検討したい。
ハートフルプラザで展示・オーダー相談できるそうですし、
今検索したら、こちらで直接オーダーできるのかな?
まあ、こちらは確実に車椅子ができあがるころのハナシになると思いますが、
覚えておこうと思います。


| 小学校就学準備 | 2010.05.29 Saturday |
about us

**ただいまコメントはおやすみ中です**

★ なーさんの装具やリハグッズなどは
http://goods.sunnyhoneyday.com
★ ハンドメイドの服や小物は
http://clothes.sunnyhoneyday.com/




(C)2008-2010 emiko
文章や画像の無断転載は固くお断りします

Search this site.
categories
archives
bookmarks
recommend
FunFunキーボードDX NEW
FunFunキーボードDX NEW (JUGEMレビュー »)

キーが大きく押しやすく、軽いキータッチでひけるし、ひとつのキーを押すだけでいろんな曲がかかるデモモードもあるので、指の力が弱いなーさんでもかなり楽しめます。
recommend
くまのプーさん ストローマグW
くまのプーさん ストローマグW (JUGEMレビュー »)

2008年夏、3歳半ころから、ストローで水分をとることができるようになってくれました。外出時にいちいちトロミドリンクを小分けして持ち歩かずにすむようになり、とてもラクです。ブリックパックはそのまま添付のストローで飲ませますが、レストランで頼んだジュースはグラスで出てきてこぼしそうなので、こちらに移し替えて飲ませます。ぐびぐびいきます。