<< 夏本番はじまりました。 | main | なーさんのお返事はーい! >>
後期食を練習してみることになったなーさん



今回のおべんとう。
・ハンバーグ(二度引きした豚挽肉で。軽く焼き目つけたら蒸し焼き。1cm角に切った)
・トマト(皮と種をとって粗刻み)
・チーズ豆腐(豆腐とクリームチーズをフードプロセッサーにかけたペースト)と
 わかめ(ゆでてフードプロセッサーにごま油加えつつ粗めにかけた)のごま和えサラダ
・かぼちゃ煮(1cm角、ちいさく切った皮もまぜた)
・バナナ(1cm角)
・全粥

今日は摂食指導をうけてきました。忘れないうちに記事に。

前回はくわしくはこちらですが、前回の内容を適当にまとめておくと・・・

「食事形態は、離乳食中期食(舌でつぶせる固さ、カミカミはまだ)を継続で」
「コップ飲みを目標に、まずはレンゲや深いスプーンでお茶をすする練習をすすめよう」
「嚙む練習・かじりとる練習は、まだ食べ物でがんばらず、おもちゃを良く嚙むことから」

って感じだったかと思います。

さて、今回は・・・?



くわしく語るまえに、今回の結果をざっとまとめちゃうと・・・

口や舌の動きがよくなってる、次のステップにすすめそう。
後期食を練習してみましょう。

レンゲ飲みも慣れてきている、続けましょう。
家では無理しなくていいですよ〜(笑)

嚙む練習はおもちゃ中心。
食べ物ならスイカみたいな、噛みごたえはあるけど
すぐしゅわっと水分が出てくるようなものくらいで。
あまり固いものに進めようと意識しすぎず、無理しない。

食べ物を手で口元に運ぶのをとてもいやがるようなので、
『口に食べ物を手で運んでかじり取り』というステップは、
とりあえず今はなし。
歯を使わせる練習のときは、スプーン・フォーク・おはしで
運んでやってオッケー。
ただ、奥歯(臼歯)まで運ばず、糸切り歯(犬歯)くらいに置くといい。

・・・って感じでしょうか。


で、ここから詳細。

とりあえず、30分間の貴重な時間に、なんと10分近く遅刻してしまったダメ母orz
こんな日に限って、出かける間際に、仕事先から緊急対応を要する電話がかかってしまい・・・
あわくって駆けつけたら、
先生とビデオカメラを前に、なぜか怒り泣きしているなーさんがいた(-"-;;;

母が遅刻の連絡を入れたので、
先生方が母の到着前に通園の教室からなーさんを連れ出して、
なーさんの嚙む能力を見て下さっていたらしく。
いざ先生がえびせんを口元に運んだら、
どうやらなーさん、猛烈怒って拒否ったらしい・・・

この記事にもあるように、イヤなものはとにかく拒否!ななーさん。
さぞかし激しく拒否したのではないかと・・・

ダブルパンチでもうほんとうにごめんなさいorzorz、な、いたたまれない母でした。

まあ、そんなわけで、なーさんのイヤなものへの頑固な拒否っぷりは、
母が来る前からよーくご披露できちゃってたのです(汗)


とにかく、機嫌を直すためにも、あわててお弁当オープン。


お弁当のものは、ちゃんと上手に食べられていると言っていただけました。
ハンバーグも、上手に口の中を舌で移動させて、モグモグの動きもよいみたい。


中期食(舌でつぶせる固さ)から後期食(歯or歯茎でつぶせる固さ)へ
すすめられるかどうかは、
どうやら、口や舌の動きが、
シンメトリー(左右対称) → アシンメトリー(左右非対称)
に変化してきているかどうかで判断するみたい?!
つまり、

左右対称に、口や舌を上下に動かして、「アムアムもぐもぐ」してるあいだは、中期。

くちびるや口角が左右非対称に動き、舌も左右にダイナミックに動くようになり、
そうやって口の中を食べ物が左右に移動しながらつぶされていくのが、後期へうつるとき。

ってかんじらしい(ってたぶんOTの先生が前に言ってた)。

で、今日のなーさんの口の動きは、前よりしっかりアシンメトリーなかんじで、
お肉など、かたまりを口の右側のほうにもっていって、もぐっもぐっ、ってつぶしてました。

そんなわけで、後期食の練習はしてみてもOK!!になりましたー。いぇい。


ただし。

後期食になっていくと、ふつうは「かじりとり」の練習をはじめるようなのですが。

なーさん、この記事のとおり、とにかく、口回りの介助を強烈にことわりやがります。
きぜんと刃向かってくるなーさんの威圧感は、5歳児とは思えないほどです。
知能はいたいけな赤ちゃんレベルとは到底思えない、強烈なオーラを放ちます。

その辺は、前述の通り、わたしが遅刻している間に、
なーさんがひとりでもよーく先生にお伝えできたようでして(^-^;;

「かじり取りはやめときましょう〜」
「スプーンやフォークやおはしでうまく捕食できてるから、手で運ばなくていいですよ」

と言っていただけました。。。

ただ、わたしのくせというか思いこみで、固形の食べ物を嚙ませてみようとするとき
わたしは奥歯までフォークやはしで食べ物を運んでのせていたのですが、
そこまで奥にせず、犬歯(糸切り歯、前の方のちょっととんがってる歯)くらいに
しておいて、前の歯から奥に移動させるように練習させるといいそうです。


そして。
クッキーやおせんべいなど、ある程度固いものも練習させたいところなのですが。
まだぐいっと噛みしめるということができる段階にはなってないようだし、
そこは無理に食べ物で練習せず、噛めるおもちゃ(タオル地とかのでOK)を
がっしがし嚙ませることを、地道に続けたほうがいいそうです。


「タオルなどのやわらかいものはもうかなり噛めているので、
 だんだん固いものへ移行させるための工夫みたいなのはないでしょうか?」
と質問したところ。


食べ物で少しずつ固めのものにしていくなら、
スイカみたいなもの・・・

「しゃりっと歯で嚙む感じはあたえられるけれど、
 すぐ水分が出て味が出て、抵抗すくなく噛めて飲み込める」

・・・って感じのものを与えてみるといいかも、
とアドバイスしていただきました。


前は、モモやメロンみたいな、線維の少ないものがおすすめの練習くだものだったけど、
今はたしかに、モモやメロンはお肉と同様、口に入れちゃえばすいすい食べられるし、
もう、次のステップを別のくだもので練習していい時期になったってことかな。

スイカがOKなら、梨もいけるかな?
とにかく、モモやメロンよりリーズナブルなものでよさそうかも。助かる〜ww


食べ物については、そんなかんじでした。


飲み物についてですが。

今日、なーさん、二度もお茶をぶちまけましたorz

華麗なブロックでレンゲを拒否したためです(-"-;;

しかーし。
なーさん、わたしのレンゲ飲みの介助はたいがい強烈に拒否しますが、
どうやらOTの先生と通園の先生のレンゲ飲みの介助は、
ここんとこ、かなーり受け付けているようです。
今日もOTの先生にやってもらったら、ぴたっと上唇をレンゲにつけて飲んでました。
ずずーっとすするのはまだすんなり行かないけど、
すすりともぐもぐの間くらいの感じの動きが多くなってたかも。


・・・レンゲ介助を強烈に拒否るのは、どうやら母だけみたいだ。
なーさん、母に宣戦布告なのかしら。。。
ならば受けて立とうじゃないか・・・

と思ったけどw、
先生はにっこりと、「お家ではしないで園におまかせしちゃっていいんじゃないでしょうか」
って言って下さいました。

そんなわけで、母子の戦いは回避してもよい模様(笑)
助かります。手首を負傷しないですみそうです。ありがたい(涙)


そのような感じでした。

今日の給食で、さっそく後期食を少し練習させてもらったらしいなーさん。
連絡帳に「美味そうに食べていました」とOTの先生のコメントが。
ご満悦にわっしわし食べるなーさんの顔が浮かびますw
ありがたいことです、ほんとに。

そんなわけで。
家でも少しずつ、がんばってみようかと思います。




| 食事のこと(摂食・形態食について) | 2010.07.28 Wednesday |
about us

**ただいまコメントはおやすみ中です**

★ なーさんの装具やリハグッズなどは
http://goods.sunnyhoneyday.com
★ ハンドメイドの服や小物は
http://clothes.sunnyhoneyday.com/




(C)2008-2010 emiko
文章や画像の無断転載は固くお断りします

Search this site.
categories
archives
bookmarks
recommend
FunFunキーボードDX NEW
FunFunキーボードDX NEW (JUGEMレビュー »)

キーが大きく押しやすく、軽いキータッチでひけるし、ひとつのキーを押すだけでいろんな曲がかかるデモモードもあるので、指の力が弱いなーさんでもかなり楽しめます。
recommend
くまのプーさん ストローマグW
くまのプーさん ストローマグW (JUGEMレビュー »)

2008年夏、3歳半ころから、ストローで水分をとることができるようになってくれました。外出時にいちいちトロミドリンクを小分けして持ち歩かずにすむようになり、とてもラクです。ブリックパックはそのまま添付のストローで飲ませますが、レストランで頼んだジュースはグラスで出てきてこぼしそうなので、こちらに移し替えて飲ませます。ぐびぐびいきます。